娘と一緒に自然の恩情で自家製原っぱいちごジャム

今日は我が家の毎年の慣行席になりつつある原っぱいちご狩りに行きました!
まだまだ幾らか季節が手っ取り早いかなと思いましたが、今年は気象も割りと良い日が数多く、温かいお日様も多かったせいか、目的地にたどり着くと山の壁紙に真っ赤になった原っぱいちごがたくさんありました。
それを見て幼児は無論アダルトも大幸運でした!!

山の壁紙と言っても幼児も手が届くような所にもたくさんあるので、幼児も一緒に楽しめます。
幼児は取った近隣からお口の中に…笑
摘みながら摂る原っぱいちごがまた喜ばしいんです!!

アダルトは長靴を履いて手袋をしてと徹底防備で、些か山の上の人まで登り、原っぱイチゴを採りました。そのかいあって、今年も山積の原っぱいちごがボール2つ分採れました〜!
普通のいちごとは舌触りやフレーバーがズレ、幾らかプチプチしていて酸味も無く、甘味はありますが、あっさりしていてどっさり食べられます。
幼児は途中から採るのに飽きて召し上がる専門へ…笑
終いには、「既に帰りたい〜!」という幼児をよそに、大人のほうが夢中になっていました!

沢山採れたので、持って帰って幼児と一緒にジャムにしました。
ジャムも程よくプチプチした舌触りがのこり、甘すぎず食べやすいので、食パンに腹いっぱいつけて食べたり、スウィーツ内容に使ったりも決める。
今年もおいしいジャムが出来ました〜!

また来季もみんなで行きたいと思います!!